『Dele(ディーリー)』動画3話、Dailymotionで無料視聴!?

ドラマ『Dele(ディーリー)』動画3話を見たい!

でも、お金を払って見るのはいや!

そう思って動画を探している、アナタ。

私もそう思います。

Dele(ディーリー

そこで、ドラマ『Dele(ディーリー)』動画3話を今すぐ無料で見れる方法をご紹介しちゃいます。

しかも!

安全に、綺麗な画質で見ることができちゃうんです♪

そんな裏技でドラマ『Dele(ディーリー)』動画3話をみちゃいましょ〜!

 

ドラマ『Dele(ディーリー)』動画3話のあらすじ

 

Dele(ディーリー

「dele. LIFE」の事務所に、さびれた街で写真館を営む老人・浦田文雄(高橋源一郎)が現れた。社長の坂上圭司(山田孝之)が外出中だったため、真柴祐太郎(菅田将暉)は無断で浦田を事務所内に案内。さらに浦田から、死後のパソコンデータ削除と併せ、“奇妙な依頼”を引き受けてしまう。それは…削除する前にデータをコピーし、バラの花と一緒に同じ街の住人・江角幸子(余貴美子)へ届けてほしい、という依頼だった!

勝手な受託に苛立ちを隠せない圭司の隣で、浦田の依頼にロマンを感じる祐太郎。ところが数日後、耳を疑うような事実が判明する。浦田が海に飛び込んで自殺したのだ! 死亡確認に向かった祐太郎は突然の出来事に肩を落としながらも、幸子の所在を確認すべく、彼女が営む理髪店へ。身元を偽り、幸子に接触するのだが…!?

やがて祐太郎は、不審な男が写真館に忍び込み、浦田のノートパソコンを盗んでいく現場を目撃。すぐ圭司に報告し、何とかして男の正体と居場所を突き止めようとするが、事はそう簡単には運ばない。その矢先、浦田のパソコンが起動したとの信号が、圭司のPC端末「モグラ」に送られてきて…!

ドラマ『Dele(ディーリー)』動画3話を無料動画で視聴!

 
無料でドラマ動画を見るために、無料動画サイトを探してみました!

無料動画で見ることのできるサイトには、DailymotionたPandoraTV、9TSUなどたくさんありますよね。

実際に私もドラマ動画を見ていました。

ちょっと画像は粗かったり、フリーズしてしまうこともあるけど、とっても便利ですよね。
 

でもある日!!!



パソコンが全く起動してくれなくなったんです!

実はこの何気ない行為が、とても危険なんです!

 

アナタのPCがウィルスに感染する可能性!?

  実は、違法アップロードサイトにはウィルスがたくさん仕込まれているんです!

動画を視聴しようとすると個人情報を抜き取られてしまうケースがあります。

 
パソコンにウィルスが入り込んでデスクトップ上に変な広告がずーっと表示されてしまったり、操作が不可能になることもあります。

私の場合は、パソコンをリセットしないといけなくなり、過去のデータなどは全てなくなってしまいました。

 

しかも!!

最悪の場合は逮捕もあり得る!?

違法にアップロードされた動画をダウンロードすると、2年以下の懲役200万円以下の罰金が科せられることがあります。

実際に日本でも逮捕者が出ており、知らなかったでは済まされない犯罪行為です。



じゃあどうすればいいの!?となりますよね。

そんな方に、この方法がオススメなんです。
 

ドラマ『Dele(ディーリー)』動画3話を安全に無料動画で視聴!?

実は、無料動画で見れる方法があるんです!

公式でドラマ動画を配信しているから安全!

なのに、無料!?

そんな美味しい話ある〜!?


と思うところですが・・・実は、あるんです!

放送1週間後まで無料で配信してくれるサイトがあります。

ちなみに、テレビ朝日の場合は、放送後の1週間はここから無料で見ることができます。

ここ→【TVer】

ただこの1週間がすぎると、無料で配信してくれるところがなくなってしまいます・・・。

 

ですが!!


それを無料で見れるようにしてくれるのが、TSUTAYAなんです♪

「え・・・TSUTAYAって有料じゃない!?」と思ったそこのアナタ!

安心してください!!


TSUTAYAは最初の1ヶ月が無料!



なのに、見放題作品は全て無料!

旧作DVDはレンタルし放題!CDもレンタルし放題!

 

しかも!!  

ポイント1000円分プレゼント!



なので、1000円分の有料作品も、実質無料でみれます!

 

なのに!!  

いつでも退会・解約OK!


だから、登録して1ヶ月以内に退会をすれば、月額会費を請求されることはありません。

解約金も一切なし!

 

しかも!

品揃えは日本一なので、TSUTAYAで見れない作品は他のオンデマンドでは見れないものがほとんど。

ポイントをまとめると♪



  •  最初の1ヶ月無料!
  •  1000円分のプレゼント
  •  解約はいつでもOK!解約金なし!
  •  出かける必要なし!家まで配達してくれるサービス!
  •  日本一の品揃え!
  •  DVD、Blu-ray、動画配信を使い分けれる!
  •  旧作DVDはレンタルし放題!
  •  見放題作品が見放題!
  •  新作作品が無料で見れる!
  こんなにお得なキャンペーンをしてくれるTSUTAYA!

他にこんなにお得なオンデマンドはありません。



  ただ、いつまでこのキャンペーンをやってくれるかどうかが、まだわかりません。

もしかしたら、急にこのキャンペーンが終わってしまう可能性も・・・。

なので、無料期間の間にお試しすることがオススメです♪

TSUTAYAディスカスの映像サービス30日間0円!

さらに!!

ドラマ『Dele(ディーリー)』動画3話以外にも、出演している俳優陣の作品を見ることができちゃうんです♪

ドラマ『Dele(ディーリー)』動画3話以外に、TSUTAYAで見れる作品

闇金ウシジマくん』シリーズ

闇金ウシジマくん

『勇者ヨシヒコ』シリーズ

勇者ヨシヒコ

凶悪

凶悪

新宿スワン』シリーズ

新宿スワン

MONSTERZ モンスターズ

MONSTERZ モンスターズ

銀魂

銀魂

火花

火花

帝一の國

帝一の國

キセキ ーあの日のソビトー

キセキ ーあの日のソビトー
などなど、たくさんの作品を『見放題作品』『ポイント』で、

ほとんど追加料金なしで見ることができます♪

こんなにたくさんの作品を無料で見れるのは、TSUTAYAだけ!

TSUTAYAディスカスの映像サービス30日間0円!

 

とは言っても、ドラマ『Dele(ディーリー)』動画3話の評判も気になるところですよね。

ということで、ドラマ『Dele(ディーリー)』動画3話の感想と評判・コメントをご紹介します。

 

ドラマ『Dele(ディーリー)』動画3話の評判・コメント

Aさん
テレビ朝日系の深夜ドラマ『dele(ディーリー)』が気になって毎週見てる。

深夜帯だけど毎回登場人物が豪華。そしてロケ地とかセットにもついつい目が行ってしまい、そう言う部分も凝ってるなぁと思う。

それにしても深みがある人間模様が毎回味わい深い。

Bさん
久々にドラマ観たけど、これは素直におもしろい!

そして、ドラマ本編と間に入るCMの山田孝之さんのギャップがたまらん 笑

Cさん
ドラマdeleがおもしろい❗

初回の出だしで掴まれ一気に3話見た。

過去に何かある二人の対照的なコンビが惹き付ける。

それだけじゃない❗

死後のデータから依頼人とその周りの人の心を癒すストーリーが見事。

特に第3話は一編の映画のよう。

余貴美子はさすが。

Dさん
deleってサスペンス系かと思って見始めたけど、人間ドラマだね…今回は切なすぎる…

写真館さんと江角さんが過ごした時間が長過ぎる…。

五本のバラ🌹最高の終わり方✨✨

Eさん
dele3話、映画のようだった。記録は記憶。

そして、時間。封印された依頼者の時間にふれながら、あの2人の事を考えた3話。

ケイも祐太郎も、記憶という時間に囚われている。彼らの時はいつ動き出すのかな。

Fさん
ディーリー始まった!!!!

今宵も山田氏は神である!!!

このドラマだいぶおもしろいから好き☺️

Gさん
『deleディーリー』が毎回心に余韻を残すのは、作品の根底に死者を悼む気持ちがあるからだと思う。

家族や恋人など、近親者の死に敏感なドラマはいくらでもある。

でも“赤の他人”の死に対して、ここまで追悼の意を表すドラマって少ない気がする。

Hさん
いまを燦めく山田くんと菅田くんを使って狂言回しに徹底してるのが素晴らしい。

ヒーローなバディものじゃなく、時間というドラマを覗く傍観者のふたり。

Iさん
5本のバラの意味🌹🌹🌹🌹🌹

調べるよね。

今日の話も最高だった

こんなにも深い話1時間でよくまとまったな。

菅田山田最高

Jさん
全然鬱回じゃなかった。いいドラマだな〜。

全然期待しないで見始めたのに、面白いな〜

Kさん
いつも面白いんだけど、今日のdeleは古典的名作映画みたいな雰囲気がすごくしんみりした。

百万本のバラってタイトルで連想してって、学生運動と関連付けられたし。

菅田くんの花屋開きたいって言葉も実は意味があったのかと思わせる。

そして互いに支えあう関係だった。BGM泣ける。

Lさん
5本のバラの意味ググってみた。なるほどね。今回も面白かった。
Mさん
dele/ディーリーの第3話も、よかった、、、。・゚・(ノД`)・゚・。
Nさん
なんだよー余貴美子。

泣かせるじゃねーか

Oさん
高橋源一郎出演だからではなかろうが(?)今回は文学的というか作家性の強い内容だった。

観終わったあと何とも言えない深い余韻を残すドラマにはめったに遭遇できるものではない。

今年度最大の注目作であることを確信する。

TSUTAYAディスカスの映像サービス30日間0円!